全宅連

検索
宅建協会 人と住まいをつなぎます。

インターンシップ制度

全宅連では 大学機関と連携し、
学生を対象に不動産実務を体験する場を提供しています。

不動産取引実務の就業体験を通じて、学生に職業意識の確立と適正の把握を促し、
自立した人材を社会に輩出することを目的としています。

インターンシップ制度

制度概要

対象

国内の不動産に関連する学部・学科を有する大学に在籍する学生
(予め全宅連と大学との間で「インターンシップに関する覚書」を締結し、事業提携のもとで適切に実施いたします。)

インターンシップ制度に関する事業提携大学

期間 大学の夏季休暇中および春季休暇中の2週間程度
受け入れ企業 全宅連傘下の都道府県宅地建物取引業協会に所属する民間の不動産会社
実施プログラム 社会研修の趣旨を踏まえ、受入れ企業及び全宅連にて調整を行います。

実施の流れ

1.学内選考:大学にて学生を選考していただきます。→2.受入れ企業決定:全宅連にて受入れ企業を決定します。→3.インターンシップ実施:覚書に基づき、適切に実施します。

大学関係者の方へ

全宅連では、インターンシップ制度にご協力いただける大学を募集しております。
以下に掲げる公募要件に適合し且つ本事業の趣旨に賛同する大学は、【公募申請書】にてご応募ください。

公募要件
  1. 「不動産学部を有する大学」若しくは「不動産に関連する学部学科を有する大学」若しくは「不動産に関連する専門教育並びにカリキュラムを有する大学」であること。
  2. インターンシップに関して学生への単位付与や事前研修等、本事業が適切に実施されるための体制が整備されていること。
  3. 本事業の実施にあたり、学生に対して損害保険及び賠償責任保険に加入させること。
  4. 本事業の趣旨を尊重し、社会に貢献するため相互に連携協力すること。

大学関係者の方へ

全宅連 人材育成担当

【お電話】03-5821-8112

【FAX】03-5821-8180