全宅連

検索
宅建協会 人と住まいをつなぎます。

全宅連・全宅保証 「住まいのセミナー」開催される

平成23年11月13日 東京国際フォーラムにおいて、全宅連・全宅保証が主催する一般消費者を対象とする「住まいのセミナー」が180名の聴衆を集めて開催されました。

このセミナーは、全宅連・全宅保証の公益事業として国土交通省の後援を受けて、全宅連のホームページを通じて参加者を募集したもので、1部が解剖学者で東京大学名誉教授である養老孟司氏による講演、2部はファイナンシャルプランナーの八ツ井慶子氏、明海大学の中城教授、全宅連の市川専務理事による、パネルディスカッションという2部構成となっています。

伊藤博全宅連・全宅保証会長の挨拶では、参加者に対して、ハトマークの店を傘下会員とする全宅連と全宅保証の業務が紹介され、来賓の国土交通省からは、野村正史不動産業課長による挨拶がありました。

セミナーの第一部では、養老孟司氏が「~震災と津波を超えて~日本人はいかに住まうべきか?」と題して講演を行い、体を使う機会の少ない都会の人間にとって、自然に囲まれた地域で身体を使って生活して、心身のバランスを整える重要性を指摘し、都会と自然に囲まれた地の二重生活のすすめを語りました。

第2部のパネルディスカッションでは、「これからの住まい選びのあり方~家族、コミュニティ、環境の視点から~」と題して実施され、パネリストのファイナンシャルプランナーの八ツ井慶子氏が、震災後に海外や沖縄に移住を希望する人から相談を受けたことや、中城教授による、建築物の耐震・免震・制震についての解説、浦安地域において実施した震災被害に関する調査について発表がありました。市川専務理事からは、参加者に配布した消費者向けの「住まいの購入ガイド」を使った、住宅を購入する上でのチェックするポイントについての解説、宅建業者の役割や全宅連と宅建協会が実施している各種事業として、ハトマークサイトなどの流通事業や、こども110番の店活動などの事業についての説明がありました。