全宅連

検索
宅建協会 人と住まいをつなぎます。

【厚生労働省】平成30年国民生活基礎調査 ご協力のお願い

厚生労働省では平成30年国民生活基礎調査を実施します。

調査対象に選ばれた世帯に、4月中旬頃から調査員が伺います。

集合住宅等管理物件の調査へのご協力・ご回答をお願いいたします。

 

≪国民生活基礎調査とは≫

  • 厚生労働省が、「統計法」に基づいて昭和61年から毎年実施している調査で、今年で33回目になります。
  • 家族構成や就業状況など皆様の生活の実態を知り、国の様々な取組の基礎資料とすることを目的とし、全国から抽出した約5万5 千世帯を対象に実施しています。

 

≪調査スケジュール≫

今回の調査対象に選ばれた世帯に、以下のスケジュールで調査員が伺います。

調査票にご記入いただいた内容は、統計を作るためだけに用いられ、その他の目的に用いることは決してありません。

【4月中旬頃~】調査にあたっての名簿作成のため、世帯人員などをお聞きします。

【6月7日の前後1~2週間程度の間】『調査票(世帯票)』をお配りし、後日受け取りに伺います。

【7月12日の前後1~2週間程度の間】『調査票(所得票)』をお配りし、後日受け取りに伺います。

 

詳細は厚生労働省HPへ