全宅連

検索
宅建協会 人と住まいをつなぎます。

【研究所取材レポート】report.16 阪井土地開発株式会社

阪井土地開発の阪井ひとみさんは、精神障がい者を始め社会的弱者の住宅の斡旋を積極的にやっておられる。
彼女のすごいところは、高齢者や障がい者を顧客としてとらえビジネスとして成り立たせていること。
TVでも取り上げられたサクラソウ以外にも、大きな戸建てを買い取りシェアハウスにして1万円でホームレス
の人に貸したり、他の物件もシェルターとして活用している。
その中には履歴書に書ける住所ができたおかげで就職できるようになった人もいるそうだ。
しかも阪井さんは助成金を一切使わず自社でちゃんと収支を合わせている。最近は、使われなくなった寮や
大学移転で空室だらけになったマンションの買い取りや、一括借上の案件が舞い込むようになったそうだ。
「社会的弱者者への住宅支援は各種専門家とネットワークを組めば誰でも取り組める。全国10万の不動産業者が
2件づつ住宅を斡旋できれば20万人の精神障がい者を救える」という彼女の言葉を私たちはしっかり受けとめ
なくてはならないと思う。
【RENOVATION – 阪井土地開発株式会社 記事の抜粋はコチラ