全宅連

検索
宅建協会 人と住まいをつなぎます。
閉じる
ハトサポ リニューアル

「東日本大震災」における義捐金ご協力に関するご報告

 全国の宅建協会等では、「東日本大震災」の被災者のために、義捐金の募集活動を行い、集めた義捐金を被災地の宅建協会、日本赤十字社、国、地方公共団体、報道機関等に対する寄付や、全宅連を通じた被災者支援のための義捐金として拠出しました。その合計は、全宅連・全宅保証等が拠出した義捐金を含めると2億9,713万円余となりました。

 そのうち、全宅連に寄せられた義捐金は、8月5日現在で、計1億3,790万円余となっております。義捐金をお寄せいただいた会員等の皆様方には、その心温まるご支援、ご協力に感謝申し上げる次第であります。

 これまで全宅連では、宅建協会等を通じて寄せられた義捐金を、被災者の支援に役立てていただくために、被害が甚大であった岩手、宮城、福島、青森、茨城、千葉、栃木の宅建協会に対して、第1次から第3次に分けて計7,150万円を送金するとともに、日本政府の募集に対しても計5,000万円を拠出してまいりました。

 さらに、本日付けで、1,640万円余を第4次分として、上記7宅建協会に対して送金しておりますので、併せてご報告いたします。

 その他の各宅建協会の支援活動状況については、こちらをご参照ください。

 「東日本大震災」に係る支援活動等報告