全宅連

検索
宅建協会 人と住まいをつなぎます。

開業支援

開業支援#01

営業保証金1,000万円の供託が免除されます!

不動産業を始める場合、「営業保証金」を法務局に供託することが宅建業法で義務づけられています。供託に必要とされる金額は、主たる事務所1,000万円、従たる事務所1ヵ所につき500万円で、これが開業時の大きな負担となっています。
その一方で、宅建業法は、営業保証金制度に代わる弁済業務保証金制度(第64条の9)も定めています。保証協会に加入すると営業保証金の供託が免除され、保証協会に弁済業務保証金分担金を預ければ開業できる制度です。

全宅連傘下の宅建協会に入会すれば、宅建業法の規定に基づいて設立された保証協会である「公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会」(全宅保証)にも、同時入会することになります。つまり、宅建協会と全宅保証に入会し、全宅保証に「弁済業務保証金分担金」を預ければ営業保証金の供託が免除され、開業できます。

弁済業務保証金分担金の額は、主たる事務所60万円、従たる事務所1ヵ所につき30万円です。開業時の負担が大幅に軽減できます。

営業保証金と弁済業務保証金制度
  • 営業保証金(宅建協会に入会しない場合):宅建業者→営業保証金(1000万円)→供託所
  • 弁済業務保証金制度(宅建協会に入会した場合):宅建業者→分担金(60万円)→全宅保証→弁済業務保証金分担金→供託所(東京法務局)

開業支援#02

開業支援セミナーの開催

全国各地の宅建協会で、宅建業の開業を具体的に検討している方を対象に、宅建業免許申請方法や開業のノウハウ、事業展開など開業に向けたセミナーを定期的に開催しています。

開業支援セミナー

開業支援#03

ハトマークサポートガイドプレゼント

ハトマークグループのサポート内容が詳しくわかるハトマークサポートガイドをプレゼントしています。

ハトマークサポートガイド

開業支援#04

実務の基本キャリアパーソン講座

「不動産キャリアパーソン」は、実際の不動産取引で活かされる実務知識の修得に重点を置いた通信教育資格講座です。学習後修了試験に合格した方は、全宅連へ資格登録申請をすることで、全宅連から「不動産キャリアパーソン」資格が付与されます。開業を希望される方にとって有効な講座です。

不動産キャリアパーソン講座テキスト