全国宅地建物取引業協会連合会

これからも地域を
見守り続ける

scroll

全宅連50年目の決意

2017年、全宅連は創立50周年、全宅保証は創立45周年を迎えました。
人々にとって大切な財産である不動産。
そして同時に「住まい」は人生の様々な物語が綴られていく場所でもあります。
不動産業界は、その節目に携わることのできる魅力的な業界だと考えています。

全宅連に所属する不動産業者は、中小業者が中心です。
だからこそ、地域での信頼を獲得し、ニーズに応え続ける必要がありました。
逃げられない覚悟と責任をもってお客様と向き合い、経験を積み重ねてきたからこそ、
半世紀という今に辿り着くことができたと感じています。

これからも地域に必要とされる存在であるために、
人と住まいをつなぎ、笑顔があふれる街づくりを支援してまいります。

2017年、全宅連は創立50周年、
全宅保証は創立45周年を迎えました。

私たちが目指す理想の姿とそれに向けた取り組みを示した「ハトマークグループ・ビジョン2020」
全宅連の今までを振り返る「全宅連50年の歴史」、「全宅連50周年・全託保証45周年記念式典」の様子、
「記念誌」をご紹介いたします。

これからも地域に必要とされる存在であるために、
全宅連は人と住まいをつなぎ、笑顔があふれる街づくりを支援してまいります。

ハトマークグループ
ビジョン2020

ハトマークグループ・ビジョン2020とは、私たちが目指す理想の姿とそれに向けた取り組みです。私たち「ハトマークグループ」は、みんなを笑顔にするために、地域に寄り添い、生活サポートのパートナーになることを目指します。

全宅連50年の歴史

1967年(昭和42年)9月29日、全国宅地建物取引業協会連合会 はスタートしました。全宅連は消費者保護と不動産業界の健全な発展に業界の中心として取り組んできた歴史があります。全宅連の50年の歴史をスライドでご覧いただけます。

全宅連50周年
全宅保証45周年を迎えて

全宅連50周年・全宅保証45周年を記念しまして、
2017年6月に記念式典を行います。
また、全宅連50周年・全宅保証45周年記念誌を発行いたします。
記念式典の様子や記念誌を公開いたします。