お知らせ

2014年10月06日

個人情報保護法等の遵守に関する周知徹底について

 個人情報は、個人の人格尊重の理念の下に慎重に取り扱われるべきものであり、個人情報保護法に基づき、個人情報を取り扱うすべての事業者にとっての極めて重要な義務として、その適正な取扱いが求められてきました。国民の信頼を得て事業を行うためにも、個人情報保護法を遵守し、万全な対応を取る責任を有していることは言うまでもありません。
 つきましては、「国土交通省所管分野における個人情報保護に関するガイドライン」及び「不動産流通業における個人情報保護法の適用の考え方」による個人情報の適切な取扱いについて、改めて周知徹底するとともに、組織内の安全管理措置、委託先及びその先に関する事業者の監督、外部からの適正な個人情報の取得を含めた個人情報保護法等の遵守に関し、万全を期するようお願いいたします。

個人情報保護法等の遵守に関する周知徹底について
国土交通省所管分野における個人情報保護に関するガイドライン
不動産流通業における個人情報保護法の適用の考え方

お知らせ

ページの先頭へ