<私たちは、全国の8割の不動産会社が所属する国内最大規模の業界団体です。 社団法人 全国宅地建物取引業協会連合会 社団法人 全国宅地建物取引業保証協会
ホーム > 全宅連・全宅保証とは > 全宅保証:目的と組織

全宅保証:目的と組織

全宅保証の目的について

 全宅保証は、一般消費者等を保護するため宅地建物取引に関する保証と苦情処理を行うのをはじめ、取引主任者等に対する研修、手付金保証および手付金等保管事業を行うとともに、宅地建物取引業の健全な発達、資質の向上を図ることを目的としています。

全宅保証の組織について

 全宅保証は、全国の約8割の宅地建物取引業者を構成員とする宅地建物取引に関する苦情の解決や保証(弁済業務)を行う公益法人組織です。
 全宅保証の主たる事務所(中央本部)は東京都千代田区に、従たる事務所(地方本部)は47都道府県にそれぞれ設置され、宅地建物取引に関する苦情の解決や弁済業務の受付を全国で出来る組織体制を取っています。中央本部と47都道府県の地方府県の地方本部は、会員管理、苦情の解決業務、弁済業務、研修業務等で相互に有機的な連携を図りながら合理的な組織運営に務めています。